法被

お祭りを彩るのはカラフルな法被たち

私の地元にはたくさんのお祭りがあります。市のものや町のものや神社のものや学校のもの・・・そのすべてに欠かせないのはチームや団体カラーに染まった色とりどりの法被ではないでしょうか。神輿を担いで町を練り歩いたり、担いだり。それはチーム単位で行われます。それらが一堂に会した時にはまるで人が波のように押し寄せ、持ち上げ、神輿同士をぶつけ合ったりするのです。
その時に仲間意識をみんなに植えつけてくれるのが法被の役割なのではないでしょうか。私の町の法被は祖父の頃からデザインが変わっていません。父や兄や、これから生まれてくるであろう、子や孫までに受け継がれる法被にみんな愛着を持っています。誰に教えられたわけでもないのにその法被を見ると地元を思い出し、心が躍り、お祭りに参加したくなるのです。たとえ新しく作るということになっても色やデザインはそのままに作り変えていくことになるのでしょう。
外国にもユニフォームはありますが、ただの普段着に羽織るだけ、生身に羽織るだけで一気に仲間になる。そんなお手軽なコスチュームは法被が一番でないでしょうか。そんなお手軽で、しかし歴史もある町の法被に私は胸をおどらせ、さっと服の上から羽織って、今年もみんなと一緒になって笑顔になって祭りに参加するのでしょう。

お祭りを彩るのはカラフルな法被たち

私の地元にはたくさんのお祭りがあります。市のものや町のものや神社のものや学校のもの・・・そのすべてに欠かせないのはチームや団体カラーに染まった色とりどりの法被ではないでしょうか。神輿を担いで町を練り歩いたり、担いだり。それはチーム単位で行われます。それらが一堂に会した時にはまるで人が波のように押し寄せ、持ち上げ、神輿同士をぶつけ合ったりするのです。その時に仲間意識をみんなに植えつけてくれるのが法被の役割なのではないでしょうか。私の町の法被は祖父の頃からデザインが変わっていません。父や兄や、これから生まれてくるであろう、子や孫までに受け継がれ…